昆布というわかめの違い

お肌を上手く保つためのビューティー法として「構成」があり
他のコスメティックという関連でそろえる者もいらっしゃる。

こんな人気の背面ですが、自分で手軽につくる方策もあり
リーズナブル価格で、しかも、安心できる点からも
ひそかなブームになっていらっしゃる。

そのひとつに「海藻構成」があり
炎症やアレルギーを食い止める以外、美肌への要求もあります。
しかも、「海藻」は身近にある「根底」なので
すぐにでもつくって、試せそうなのがいいですね。

こういう「海藻構成」にあたって 
「昆布構成」と「わかめ構成」があるのです。
けど、こういう「昆布」と「わかめ」
いったいどこが違うのだろうかという、なんとなく立ち止まってしまう。

本当は、昆布というわかめの違いには諸説がありますが
わかめが成長して昆布になるという、単純な話ではないようです。

わざわざ言うなら、昆布は「褐藻」の総称で、わかめはその仲間。
昆布は、正中に葉脈が通っている、のっぺりした形で
わかめは、葉に奥深い切り込みがある形式が思い浮かびます。

海藻構成としても注目されているこれらの「根底」は
やはり、毎日のランチタイムに摂りいれてもいいですね。

昆布というわかめの違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です